蒼空を見上げる日々

このブログは、MIJIPIN(みじぴんP)の個人ブログです。 主に音楽制作や日記をメインとした内容で書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

音楽体験履歴(Part 2)-中学生~高校生くらい-

どーもです(´・ω・`)サプリを上手く摂ると疲れにくい事に気づいたみじぴんPです。

制作も良い感じに進んでいるので、自分で思っていたよりも早く音楽体験履歴パート2です。
前回は子供時代の音楽体験をメインに書かせて頂きましたが、今回はその続き、中学生~高校生くらいです。
「くらい」と言うのは、昔過ぎて記憶があやふやなところがあるからです。
好きだったミュージシャン、作品の記載は前回同様、敬称略です。ご了承くださいませ。
尚、アーティスト表記や曲名表記は、PCのiTunesでの表記におおむね基づいています。

ではでは。


「中学生~高校生くらいまで編」


この時代は、間違いなく私の音楽に最大の影響を与えた多くの作品に出会えた時期です。
断言できます。
また、楽器を購入したり、音楽を始めるきっかけもあった時代です。
お金は無かったけど、周りが音楽好きな人がとても多かったので、色々全く知らなかった素晴らしい作品やミュージシャンに出会えるきっかけの多かった時代でした。

そして、前回に引き続きめちゃくちゃミーハーな選曲です(笑)
でも、間違いなく自分が良いと思い、そう信じた作品です。

当時の国内の音楽シーンは、それ以前のアイドル歌謡曲全盛の時代から、ミュージシャン主導の時代になってきた時代だったように記憶しております。
もちろん人によって受け止め方は違うでしょうが、まったく画一的ではない、個性にあふれる、なおかつ凄いクオリティーの音楽作品が世にあふれ始めた時代だったのではないかと私個人は思っております。

なるべくカテゴリ別に書くように頑張りますが、なかなか難しいものも有りますので、時系列等はちょっと前後したりしながら書かせて頂きますね。
このころ主に聴いていたミュージシャンの、特に好きだった曲を数曲ずつ書いていきます。
前回同様、どうしても膨大な量になってしまいますので、特に印象が強かったミュージシャン・作品のみ書かせて頂きますね。
先ずは邦楽から…。


『Get Wild』『Fool On The Planet』『永遠のパスポート』
『Children Of The New Century』『Dive Into Your Body』 / TM NETWORK

何と言っても、TM NETWORKとの出会いは、今に至るまで最大のインパクトでした。
アルバム『humansystem』のサウンドは、今も私自身の理想のサウンドです。
鋭いシンセのサウンドと、迫力のある生楽器のサウンドが一体となった作品は、鮮烈でした。
『Children Of The New Century』は、特に壮大な広がりと力強さがある素晴らしいアレンジだと思います。
一番好きな楽曲は何かと聞かれたら『Get Wild』と答えますが、最もTMらしいサウンドとなると、私は『Children Of The New Century』を推します。
そして、この時代にTMと出会い、それまでは学校の音楽の授業(歌以外)が嫌いで、この先音楽なんてやらねーよと思っていた気持ちが一瞬で変わり、「自分でも音楽やってみたい!」と、強く思ったきっかけになりました。
小室みつ子さんの書かれる歌詞も大好きです。
時代に流されない普遍性を強く持っていると思います。


『Jean Was Lonely』 / TMN

後に、自分自身のバンドを結成する前に、男性ボーカルのいなかった友達のバンドがTMのカバーをやるという事になり、急遽ゲストボーカルとして参加させて頂いた、その時に最初に練習を始めた曲です。
ハウス風なシンセドラムとラテンパーカッション、ピアノとディストーションギターのサウンドが一体となった楽曲なのですが、ヴォーカルは難しく、ブレスの位置を一回間違ったらアウトという非常に緊張感のある作品でした。


『STARDUST TRAIN』『LADY-GO-ROUND』『LADY NAVIGATION』 / B'z

TMに次いで、強く影響を受けたのはB'zだと思います。
この時代のB'zのサウンドも大好きです。
やはり、シンセサウンドと派手なギターサウンドの構成の曲が好きみたいです。
『STARDUST TRAIN』に関しては、ほぼハードロックと言って良いサウンドに近いと思います。
エレキピアノのイントロから派手に展開していく構成が好きなのは、TMの『Get Wild』とこの曲の影響が強いと思います。
稲葉さんのヴォーカルも素晴らしいですね。


『Silent Bells』 / 遊佐未森&古賀森男
『窓を開けた時』『星屑の停留所』『地図をください』 / 遊佐未森

遊佐未森さんの作品も大好きでした。この当時の作品は、作り込まれた世界観を持っていて、物語性があって大好きです。
アコースティックなサウンドと、シンセサイザーのサウンドをぶつかり合わずに、今で言う民族調な雰囲気を持つ作品に昇華させています。
歌声も素晴らしいですね。カップヌードルのCMから流れてきた『地図をください』で、わずか15秒で大ファンになりました。


『Dear Friend』『駅』『ZOO』 / ECHOES

「ロック」なバンドです!
心の叫びや、人間のネガティブな感情を歌った作品も多いのですが、そこに留まらず、歌詞にどこか文学的な雰囲気が漂っていて、ひたすらかっこ良いです。
衝撃でした。後に辻仁成さんが作家として『海峡の光』で芥川賞をとられたときは驚きましたが、やはり凄い才能を持たれた方なのだなと感嘆するばかりでした。
再結成のアルバムが楽しみです。


『Ready Steady Go!』『市場へ行こう』『悲しまないで』 / 永井真理子

爽やか!
天気の良い日に聴きたくなる作品です。問答無用で元気が出ます。
『Ready Steady Go!』の元気の出っぷりは凄いです。


『私は嵐』『戒厳令の街』『限界LOVERS』 / SHOW-YA

アルバム『OUTERLIMITS』は、オリジナルアルバムにしてベストアルバムと言っても良い程どの作品も素晴らしいです。
『私は嵐』のイントロのギターカッティングを聴いた瞬間にテンション跳ね上がります!


『GLORY DAYS』『REAL』『消えゆく想い』 / 大江千里

大江千里さんの作品も大好きです。
この時期、男性の心理をポップなサウンドに乗せて歌われる方は多かったと思いますが、大江千里さんは軽快なサウンドの中にその心理描写の繊細さ、心理としての男らしさ、色々併せ持った作品を作られていた方だと思います。
同性のファンが私の周りにあまりいなかったので、そこを語り合う機会が少なかったのが残念です。


『MOON』『ONE MORE KISS』 / REBECCA
『TEARS OF RAINBOW』 / UP-BEAT
『季節が君だけを変える』『MARIONETTE』 / BOØWY
『sûre danse』 / 米米CLUB
『ビーチタイム』 / TUBE
『人魚姫 mermaid 』 / 中山美穂
『My Truth 』『19(nineteen)』『Believe』 / THE ALFEE
『Oh, What A Night!』『You were mine』 / 久保田利伸
『TRAIN-TRAIN』『情熱の薔薇』 / ザ・ブルーハーツ
『女ぎつね on the Run』『目を閉じておいでよ』 / BARBEE BOYS
『My Revolution』『Teenage Walk』『夏が来た!』 / 渡辺美里
『Play Back』『二人のくぼみ』『虹の都へ』 / 高野寛
『月光』 / 爆風スランプ
『世界でいちばん熱い夏』 / PRINCESS PRINCESS
『恋をとめないで』『1990』『RAMBLING MAN』 / COMPLEX
『もっと近くに』『君住む街へ』 / オフコース
『Maybe Blue』 / UNICORN
『ONE NIGHT IN HEAVEN』『愛が止まらない』 / Wink
『Parachute Limit』 / PSY・S
『がんばれブロークン・ハート』 / 谷村有美
『トム・ソーヤ』 / フェビアン
『星のラブレター』 / THE BOOM
『街は恋人』 / 五十嵐浩晃
『SHOUT』『RUNNING TO HORIZON』『CHRISTMAS CHORUS』 / 小室哲哉
『1999・地球に願いを…』『港にて・・・』『両手いっぱい菜の花にして』 / 小森まなみ
『TONIGHT』 / 小比類巻かほる
『さよならのオーシャン』 / 杉山清貴
『DA・KA・RA』 / 大黒摩季
『Wednesday Moon』『夢を信じて』 / 徳永英明

本当に素晴らしい作品にたくさん出会えた時代でした。
今回のこの企画日記で、おそらく一番多くの楽曲を記載させて頂く事になると思います。
やっぱり多感な時期だったという事と、単純に好きなサウンドが多かったという事なのでしょうね。
この時期は邦楽を聴いている事が圧倒的に多かったです。
ジャンル的にはバラバラも良い所なのですが、私自身、もともとジャンルは気にせずに気に入った曲を聴くというスタイルで今も聴いています。


洋楽に関しては、この時期実はあまり積極的には聴いていなかったのですが、それでも「洋楽で一番好き」と今も言えるバンドに出会ったのもこの時期でした。そもそも、全然リアルタイムではなくて、後になってから友達から教えてもらったり偶然耳にして気に入ったりと、気に入った時にはもう活動停止していたりとかもありました…。


『Turn Around And Count 2 Ten』『Something In My House』
『Your Sweetness (Is Your Weakness)』 / Dead Or Alive

ピート・バーンズ率いるハイエナジーバンド「Dead Or Alive」ですよ!
後にどんどんハイスピードになって行く「ユーロビート」というジャンルの礎を築いたバンドだと思います。
軽快でお洒落かつダンサブルなPWLサウンドに、パワフルなボーカル。
そしてどこか邦楽にも通じるキャッチーなメロディー。
今後、いつか継続した活動をして頂けたら嬉しいです。


『Yankee Rose』 / David Lee Roth
『Too Many Dreams』 / NELSON
『Englishman In New York』 / STING
『I Should Be So Lucky』 / Kylie Minogue

CMでかかっていたり、何かのタイアップとかで知った曲も多いように思います。

『Like A Virgin』『Material Girl』
『La Isla Bonita』 / MADONNA

マドンナ流行ってましたねー。そして見事に流行に乗りました(笑)
気に入ったのは少し古めの作品ですが、素晴らしいです。
『La Isla Bonita』は、歌詞自体は決して暗くないもののはずなのに、その素晴らしいサウンドから自然と涙ぐむほど良い曲です。


前回は結構アニソン聴いていたのですが、この時期はアニメ自体視ていた本数が少なかったので、ちょっと少なめになります。

『サイレントメビウス~Sailing』 / 東京少年
『Yes! I Will…』 / 森川美穂
『コンディション・グリーン~緊急発進~』 / 笠原弘子

サイレントメビウスとパトレイバーは映画も観に行きました。
『コンディション・グリーン~緊急発進~』は名曲ですね!
実はこの曲、上の方で上げさせていただいた永井真理子さんの『Ready Steady Go!』とサウンドの方向性が近く、聴いていてとても爽快感があって好きです。
確か、編曲の方が同じ方なのですよ。
『Yes! I Will…』も素晴らしいです。ナディアも面白かったですねー!
森川美穂さんをこのアニメで知り、以来、ずっと作品を聴かせて頂いております。
素晴らしい歌声と歌唱力の方だと思います。



『EL MIRAGE』『Radio Star』『TRUTH』
『Arcadia』『Still I Love You』 / T-SQUARE

インストも好きでしたねー。この時期かなりフュージョンにはまっていました。
T-SQUARE大好きです!
『EL MIRAGE』は、良く晴れた朝にぴったりの爽やかラテンフュージョンです!
スーパーの乳製品コーナーで流れてきたときは驚きましたが(笑)
素晴らしい作品ですよ。
F1にはまっていたのもあって、『TRUTH』は良く聴いていました。
ただ、曲調の近い『Arcadia』も素晴らしいです。確かツール・ド・フランスか何かのテーマ曲にもなっていたような…。
夏の夕暮れを思わせる『Still I Love You』も名曲だと思います。



そしてこの時期、実は人生最大の事故に巻き込まれ…
大けがでざっくりと半年ほどの入院を余儀なくされました。

退院後、結構な期間満足に歩く事も出来なく、「これを機に思い切って音楽やってみるか」と思い立ち、楽器を購入する事になります。

エレキギターかシンセが欲しかったので、随分迷いましたが、一台でオケの完成まで作り込む事が出来るシンセサイザーを購入しました。

YAMAHA EOS B500です。

ギターだったら、YAMAHA MG-MII(ブルーサンバースト・現在は絶版(T-T))が欲しかったです。

後々、バンドとしての活動を経て、現在に至るDTM知識の基礎的な事も全てこのシンセから学びました。
そのあたりは、次回・次々回あたりに続きます。

やはり、この期間は色々と自分の人生においてもターニングポイントだったように思います。
自分で音楽をやりたいと思う事。それが、この先もずっと続けたいと思える「趣味」ではなく、「ライフワーク」ともいえる楽しみに繋がっていくのですから。

ここまで長文を読んで下さった方、本当にありがとうございました。
もしも、この中にちょっとでも気に入った曲、気になる曲などありましたらとても嬉しく思います。


ではまた次回!

スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

音楽 | コメント:2 | トラックバック:0 |

音楽体験履歴(Part 1)-幼少期~小学生くらい-

どーもー(´・ω・`)調子悪かったり良かったりのみじぴんPです。

今日は、ちょっと思い立ったのと制作に一段落が訪れたので私自身の音楽の原体験なんかを綴って行こうかなと思います。
最近、無性に懐かしい音楽が聴きたくなって夜中に古いCDひっぱり出して聴いたりしているうちに色々と面白い事に気が付いたりしたもので、音楽の原体験的な物を書こうと思い立ちました。
今回は、パート1って感じです。

ツイッターの方で「ザ・インタビューズ」へ送って頂いた質問には答えたりしていたのですが、ある程度まとまった長さで書いていくにはこうしたブログや日記の方がいいかなと思い、書かせて頂く事にしました。

「幼少期~小学生くらいまで編」

ある程度、音楽を音楽として楽しめる様になってからの曲を書いていきたいと思います。
全ては書ききれないですが、特に印象に残っている作品を数曲ずつ…。

80年代アイドル歌謡全盛の時代でした。
このころ、人並み程度にはアイドル歌謡も聴いていたのですが、何分記憶のかなたの時代ではありますので、ちょっと覚えきれていないところや時系列が前後する事もあるかと思いますがご容赦くださいませ。

たぶん、この時期のアイドルソングで好きだったのは…

『白い炎』『情熱』/斉藤由貴
『The Stardust Memory』『迷宮のアンドローラ』/小泉今日子
『北ウイング』/中森明菜
(敬称略)

だと思います。切ない系のメロディー大好きな子供だったみたいです。
もし私と同世代の方がいらっしゃいましたら、結構はっきりわかりやすい好みがあるんだなという事がわかるかもしれませんね。

アニソンも当然のごとく好きでした。

『サイレント・ヴォイス』/ひろえ純(機動戦士ガンダムZZ)
『水の星へ愛をこめて』/森口博子(機動戦士Zガンダム)
『Push』『Rock Candy』『ピュアストーン』/結城梨沙(赤い光弾ジリオン)
(敬称略)

結城梨沙さんの澄んでいて芯のある歌声は本当に大好きで…、確か活動期間はそれほど長くなかったように記憶していますが、もっとたくさんの歌を聴いてみたかったです。
アニメとしてもジリオンは大好きでした。

そして、はっきりと「ロックってかっこいい!」と最初に思った曲は、

『メリーアン』/THE ALFEE

でした。

この作品を耳にしてから、自分の中で幼いなりに、好きなサウンドというのが歌謡曲からロック(ポップスを含む広い意味での)へ移行していったのかな?という気がします。
「アイドル」から「ミュージシャン」への憧れの変化と申しますか…。
この後すぐ、安全地帯、C-C-B、杉山清貴&オメガトライブ、REBECCA…と、どんどん好きな音楽が増えて行ったように思います。
特に印象的だったのは…

『風曜日、君をつれて』『See You Again』『星空のディスタンス』/THE ALFEE
『ガラスのPALM TREE』『サイレンスがいっぱい』/杉山清貴&オメガトライブ
『ワインレッドの心』『プルシアンブルーの肖像』/安全地帯
『スクールガール』/C-C-B
『フレンズ』『76th Star』/REBECCA

また、この時期、テレビで夜更かしするのは良くないが、ラジオだったら良いと母にトランジスタラジオをもらっていまして、その時に番組名は忘れてしまいましたが、洋楽のかかる番組を良く聴いていました。
そこから流れてくる英語の音楽に新鮮な感動を覚えながら夢中で聴いていたのを覚えています。
特に印象的だったのは…

『Wake Me Up Before You Go-Go』/Wham!
『Take On Me』/A-ha
『Part Time Lover』/Stevie Wonder
『Jump』『Panama』/Van Halen
『What A Feeling』/Irene Cara(映画『フラッシュダンス』主題歌)
『Psychic Magic』/G.I.Orange

この他にもたくさん好きな楽曲がありました。
実は今までを振り返って一番洋楽聴き込んでいた時期かもしれません(笑)
ラジオの力は偉大だ。


こうして改めて振り返ってみると、やはりメロディーラインが特に特徴的な楽曲が多いように思います。
この時代のサウンドの特徴でもあるかもしれませんが、キャッチーなんですよね。
聴くのは大好きだったのですが、演奏や知識の方はさっぱりで、音楽の授業でピアニカやリコーダーのテストがあるたびに憂鬱でした。ピアニカは居残りさせられた記憶があって…あの時は「絶対音楽なんてやらねー」と思っていました。人生何が変わるかわからないものです(笑)
あ、でも歌のテストや授業では褒められたし、楽しかったです。歌う事だけは好きだったので。

とまあ、長々と語ってみました。
ここまで読んで下さった方、ありがとうございました。
この時代に出会えた素晴らしい作品たちは、間違いなく今の「みじぴんP」の音楽の原点にあるものだと思います。
また書ける時が来たら、中学生~高校生くらいの時代の好きだった音楽とか続きを書いてみたいと思います。
その時代は、自分が初めて「音楽を作ってみたい!」と強く思うきっかけになった時代でもありますから。


ではまた!

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

音楽 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ひたすら準備の日々&『Silent Snow』(加筆)

お久しぶりのブログ更新です。
気がつけば一か月更新できていなかったとか;

なかなかに慌しい毎日ではありますが、なんとか頑張っております!

現在は、MEIKO生誕祭2011に向けての楽曲制作中で、動画、イラストの方も同時に制作をお願いしております。
引き続き頑張りますよー!!!

そうそう、現在発売中の雑誌「ボカロplus」に、asakawa様が私のMEIKO楽曲の『Silent Snow』を紹介して下さっています。
もし宜しければ、楽曲ともども雑誌の方もご覧になって頂けましたら嬉しいです♪
YouTubeでの再生が4万突破していて驚きました!ありがとうございます!



『Silent Snow』


雪明りの道を 歩き続けていた
真夜中に眠る街並みを 現実がなぞる 

浅い夢だと知った 時計の針が告げた
優しさをただ求める甘さ 削り取る様に

もう誰もいない 透明な街に 
今 一人きり取り残されて
君を探した 心だけが
悲鳴を上げた

遠ざかる日々を 二度とは過ごせない 
当たり前の真実 気付かぬ振りをした

痛みの強さなど 誰にもわからない
音を無くした夜が 心まで閉ざした


風の凪いだ世界へ 投げ出された身体を
暗い空から舞い降りた 雪が包み込む

温もりの記憶を 縋る様に辿った
差し伸べられた救いの手は 幻想だった 

閉ざした筈の 心の中を
激しい痛みが掻き乱した
触れて欲しいと 願う度に
その手が消える

悲しみに囚われ 途方に暮れたまま
両腕に抱いた 希望さえ砕けた

届かない温もり 繰り返し求めた
熱を帯びた瞳が 視界を歪ませた 


雪解けの季節 零れた涙は
傷跡を癒し淡く消えて
きっと二人を 蒼い日差しが
明日へ誘(いざな)う

遠ざかる日々を 二度とは過ごせない 
深い夜の彼方に 君の声が聴こえた

痛みの強さなど 誰にもわからない
明日の意味を求めて 孤独に晒されて

白銀の世界は 静寂に覆われて
降り積もる雪が 君の姿映した

声も消えた世界で 君の名を叫んだ
月明かりを探して きっと君に逢える




テーマ:VOCALOID - ジャンル:音楽

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『みっじみじにしてやんよ』『恐怖!ノロウィルス!』

以前このブログでも紹介させていただいておりました2円。様制作のメドレー動画『VOCALOID みじぴんPメドレー~みっじみじにしてやんよ~』ですが、この度、高画質・高音質バージョンとして再UPされました!

【作業用BGM】VOCALOID みじぴんPメドレー~みっじみじにしてやんよ~



確かに画質も音質もかなり向上しておりました!!
以前のバージョンのメドレー動画はご自身で削除されたみたいですので、もし宜しければ新しいバージョンにマイリスし直して頂けましたら嬉しいです^^

2円。様、素晴らしい動画を制作して下さって本当にありがとうございました!!



…話は変わりますが、日曜から急に体調を崩してしまいました。
何事かと思いようやく月曜に病院に行った所、ノロウィルスとの事でした…。
今、へろっへろのまま書いてます(笑)

ノロウイルスヤバイ。超ヤバイ。
流行っているみたいなので、皆様もどうかお気を付け下さいませ。

テーマ:VOCALOID - ジャンル:音楽

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『RESOLUTION』高画質版公開になりました!

11月23日に公開させていただきましたMEIKO生誕祭参加の新曲動画『RESOLUTION』ですが、この度、動画を担当していただいた雪原金柑さんが高画質版をYouTubeに公開して下さいました!
ニコニコさんの方はファイルが重くなりすぎると再生に負荷がかかりますので、あえて快適に見られそうなぎりぎりのサイズにさせていただいておりました。
そこで、今回はファイル容量に余裕のあるYouTubeでの高画質版公開になりました。
金柑さん、ありがとうございました!




http://www.youtube.com/watch?v=NiygmIPfh98

URLからのリンク先では大きなサイズの動画を視聴できます。
どうぞ宜しくお願い致します!

私自身は、現在引き続き新曲の編曲と作詞を行っております。
頑張ります!

テーマ:VOCALOID - ジャンル:音楽

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。