蒼空を見上げる日々

このブログは、MIJIPIN(みじぴんP)の個人ブログです。 主に音楽制作や日記をメインとした内容で書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

新曲公開【MEIKO生誕祭2015】 Mobius Drive

改めましてMEIKOさんお誕生日おめでとうございます!!

そして、久々に新曲動画の公開となりました!
間が空いてしまって本当にごめんなさい><

【MEIKO生誕祭2015】 Mobius Drive 【みじぴんP/オリジナルMV】


絵・動画 ぎんこ
作詞・作曲 みじぴんP

ぎんこさんの公開マイリストです。


様々な事がありました。
自分自身の体調もそうなんだけれど、それ以上に、やはり身近な人が亡くなったことが一番こたえています。
以前にも少し書きましたが、私にとっては親友であり、先輩であり、目標であり、素晴らしい音楽をたくさん教えてくれた恩人でもあります。
人として心から尊敬できる人だったから、なぜ急逝しなければならなかったのだろうと、今も理不尽だなと思い、納得が出来ないままでいます。
それが人生だと思えてしまえば、少し心が軽くなるのかもしれません。

でも、だとしたら人生ってあまりにも理不尽なものだなと思わざるを得ません。

それならば…
人の魂というものがあるとして、時間の流れがよく言われるように円を描きながら進むものなのだとしたら、きっと魂は巡る度に形を変えながら新しいスタートを繰り返すものなのだろうな…と、漠然と思っています。
そんな、メビウスリングの様な時間軸が魂の辿る道なのだとしたら、「並行世界なんてものがあってもいいじゃん」と思いました。

そして、一つの時間軸を行き来するタイムマシンではなく、そんな並行世界も時間軸も自在に駆け巡ることが出来たなら、いつか、今、この瞬間も悲しみを抱えている身近な人、そして世界中全て人の心から、悲しみが少しずつ和らいでいくんじゃないかな…と、そう思ったのが今回の新曲を作ろうと思ったきっかけです。

本当はこんな解説めいたことを書かない方がいいかもなとも思ったのですが、今回は私としてはちょっとだけ抽象的な世界観の歌詞になっているので、書いてみました。
でも、いつも通り、この解釈はあくまでも私自身の思いなので、聴いて下さった方がいらっしゃいましたら、皆様それぞれの解釈があって当然ですし、そうして自由に聴いていただけたら嬉しいです。

冒頭でも書かせていただいた通り、だいぶ今回の新曲公開まで間が空いてしまいましたが、今年はずっとデモ等を作ってはいたので、遅くとも来年にはアルバムを完成させたいと思っています。
爽やかな曲も作っていたのですが、季節的にちょっと間に合わなかったです( ̄▽ ̄;)
改めて、また今後も新曲をもっといいペースで公開していけるように頑張ります!

ではまた!(今回ひっそりと絵も描いてみた)
MEIKO2015mijipinmini.jpg


Mobius Drive


変わり続ける街角
静かな朝を迎えて
新しい望みを幾度繰り返す

巡り逢う瞬間を
重ね記憶に換えて
運命を紡いで時の輪を描く

遠ざかる明日を探している
君が残した記憶辿って

加速する精神が軌道を超えて
平行世界を駆け抜ける力になる

メビウスの生命が響き合い
リンクする奇跡が再び
廻り始める


今を生きる痛みは
一秒先の未来を
知る事も出来ない弱さだけじゃない

遠ざかる過去に手を伸ばし
君の悲しみ一つ奪えたら

加速する精神の熱量が
次元の壁に新しいゲートを開ける

メビウスの生命が響き合い
誰もが自由な幸せを
きっと手にする日が来る


加速する精神の残像が
描いた過去を破り捨て叫んでいる

メビウスの生命が響き合い
何度でも甦る
世界を造るよ
スポンサーサイト

テーマ:VOCALOID - ジャンル:音楽

新曲 | コメント:0 | トラックバック:0 |

新曲公開『プロミネンス』【MEIKO生誕祭2014参加】

またしても一年近くの間隔が開いてしまいましたが、ようやく公開することができました。

【MEIKO生誕祭2014】 プロミネンス 【みじぴんP/オリジナルMV】



絵・動画 ぎんこ
作詞・作曲 みじぴんP

ぎんこさんの公開マイリストです。
http://www.nicovideo.jp/mylist/6575580

この一年は、体調不良や色々と悲しい出来事と向き合いながらの時間でした。
昨年、コンスタントに楽曲を作っていきたいと思っていたのですが、それが実現できなくて、ずっともどかしい感覚に苛まれていました。
でも、今回、生誕祭に向けて楽曲を制作できて、本当に私自身にとっても嬉しかったです。

今度こそ、スピードを上げて制作できるように頑張ります!

やっぱり、めーちゃんの声で歌を作り上げていくのは、楽しいです。
今回の楽曲でもそうなのですが、V1もV3も、同一の楽曲で歌ってもらってもナチュラルなんですよ。
あぁ、良い声だなぁって思います。
やっぱり、デモの時から感じてはいたのですが、表現の幅がさらに広がったな…って感じます。

今回の楽曲は、生誕十周年ということもあり、派手で、かつ自分自身にとってもこれまでの雰囲気とまた少し違う新鮮なジャンルに取り組んでみようということもあって、こうしたサウンドになりました。

テーマとしては…、

「心の中に太陽の様な情熱がある限り、どんなに困難な状況でも前に進む覚悟を持ち続けられる」

ざっくり言葉にするならば、こういったことですね。

あと、最近よく感じていることで、昔からある言葉で「お天道さんが見ている」ということを意識していたら、自らを戒め、律して生きていくことができるかなという思いがあります。
それを有言実行することは、とても難しい事ではありますが。

イメージとして、やっぱりめーちゃんの「燃えるような赤」がサウンドにも影響しましたね。

ただ、あくまでも歌は聴かれた方の解釈が自由であるものだと思っていますので、感じられたままに聴いていただけたら嬉しいです。

ツイッターでも少し書いたのですが、10年って、凄いですよね。
私自身は、MEIKOさんとは制作では5年ほどのお付き合いで、当初はどうしても「新入り」って雰囲気が抜けなかった記憶があります。
でも、ずっと大好きな歌声で、好きな歌を作っていきたいと思っているうちに、気が付けば5年が経ちました。

その思いは、今も変わらず、これからもずっと一緒に歌を作っていけたら良いなと思っています!

これからもまた、どうぞよろしくお願いいたします!

テーマ:VOCALOID - ジャンル:音楽

新曲 | コメント:0 | トラックバック:0 |

新曲公開『月下の廻廊』

本当に久しぶりの新曲を投稿させて頂きました。

【MEIKO生誕祭2012】月下の廻廊【みじぴんP/オリジナル曲】


絵・動画  しーな
作詞・作曲 みじぴんP

しーなさんの公開マイリストです。



少し早目のMEIKO生誕祭への参加と共に、私自身のMEIKO楽曲初公開からも三年の節目の楽曲です。

イラストは、三年前の時にお願いした、しーなさんに描いて頂きました。今回は、動画もお願いしております。
後述しますが、今回の楽曲の世界観を、私自身の制作中のイメージをはるかに凌駕する素晴らしさで描き切って下さったしーなさんに心より感謝いたします!
ご快諾本当にありがとうございました!


MEIKOさんの魅力に惚れ込んで、実際に自ら使い始めてから、三年という月日が経過しました。


それ以前から、楽曲を制作するたびに必ず「より良いものを作る」と決意して制作してまいりました。
そうして、気が付いたら経過していた時間です。

それが、短いのか、長いのか、それは今の私にはまだ判断が出来ません。
でも、一生懸命作ってきたという事実はしっかりと残りました。

それは、もしもこれからも曲を作っていく事が出来るならば、記憶として、自らの力として、自らの中に残って行くものだと信じております。

これまで、応援して下さった皆様、支えて下さった皆様、本当にありがとうございました。

もしも宜しければ、これからもどうぞ宜しくお願い致します。





『月下の廻廊』に関してですが…、

「輪廻転生」と「命」「魂」をテーマに制作した楽曲です。

今回の楽曲は、私自身初制作の民族調のサウンドです。
元々興味はあったのですが、作った事は無かったので、いろいろ試行錯誤の連続でした。
特に、ミックスとマスタリングは本当に難しく、難航しました…。

昨年春、東日本大震災の後、ずっと自らの感情から「悲しい」という気持ちが抜ける日が無かったように感じています。
自分自身が被災地に住んでいるわけでもないのに、そう言った考えを持つ事自体がおこがましい事なのかと何度も自問自答を繰り返してまいりました。
しかし、実際に友人の話を聞いたり、様々なニュースを見たり映像や本等で見て…その上で、自分自身が感じている感情に揺らぎは無いことを実感しました。

どうか…、今この時も、悲しみの中から抜け出す事が出来ない方に、一日も早く穏やかな日常が戻る事を願っております。

その願いを、楽曲にしたくて、制作した楽曲です。
ここで記す言葉よりも、きっと、歌詞にした言葉の方が、私自身の思いと願いを表せているのではないかと思います。

震災に限らず、生きて行く、という事は、もしかしたら悲しみや苦しみの連続なのかもしれません。
少なくとも私自身は、これまでの自分自身を振り返って、そう思っております。
幸せや楽しみは、一瞬にして通り過ぎ、長く深い冬のような悲しみに覆われる。
でも、もしかしたらその逆の時間が訪れる事もあるのかもしれません。

苦しくて前を向けず、歩を進める事が出来ない程に辛い事や、悲しい事があります。
だから、歯を食いしばって、今この時を耐え抜く事を連続して、時間を重ねて行く…そうする事によって自らを未来へ運ぶ。
とても辛く、苦しい事だけれど、それが、全てを終わらせない唯一の方法なのかもしれません。


『月下の廻廊』は、間違いなく、今の自分自身の全力を出し切った楽曲にする事が出来たと思っています。

どうぞ宜しくお願い致します。



『月下の廻廊』


遥かな夜の彼方に
草原を渡る風の音を聴く

揺らいだ花の囁きは
月明かりに祈る歌を詠ずる

想いは風霜を越えて
誰かに眠りし君と語らう

静かに輝く惑星は
息吹を包み替わり続ける

やがて巡る季節が
また君を生み出すならば

再び出逢うその日を
ただ願いながら
言の葉を紡ぐよ
独り

廻れ廻れ光よ
記憶を宿しながら

君の証を乗せて
幾度も夜を超えて

宙を渡る旋律の中


溟海照らし出す月は
遠く金色の道を映して

潮風髪を揺らせば
君の温もりに触れた気がした

やがて巡る季節が
この身を還すならば

時を超えた世界で
巡り逢う君に
もう一度歌うよ
いつか

廻れ廻れ命よ
記憶を重ねながら

君の証を乗せて
幾度も生まれ変われ

宙を渡る旋律の中


人は月明かりの下
人を想い

月は惑星の営みを
照らす


廻れ廻れ光よ
記憶を宿しながら

君の証を乗せて
幾度も夜を超えて

廻れ廻れ命よ
記憶を重ねながら

君の証を乗せて
幾度も生まれ変われ

宙を渡る旋律の中
続きを読む

テーマ:VOCALOID - ジャンル:音楽

新曲 | コメント:0 | トラックバック:0 |

MEIKO生誕祭2011新曲『DAYBREAK』公開です!

MEIKO生誕祭2011をお祝いしまして、新曲動画『DAYBREAK』を公開しました!
ちょっと早いですが、週末ちょっと忙しそうでしたので^^;

【MEIKO生誕祭2011】 DAYBREAK 【みじぴんP/オリジナル曲・PV】



自己最速BPMかつ爆音推奨のハードなロックサウンドでのお祝いです!

イラストは、今回が動画初参加となります兎屋梨奈さんです。

動画編集及びロゴデザインは、雪原金柑さんです。
ブログ「毒と甘露」
http://kanrotokinkan.blog76.fc2.com/

作品リスト
mylist/15639290


ニコニ・コモンズを使用しています。
nc3022/nc11471/nc19013/nc32699/nc32849


今回、生誕祭に参加させて頂くに当たり、MEIKOが世に出てから7年が経過するのか…と、とても感慨深い気持ちになりました。
私自身は初音ミクからのVOCALOID参加で、VOCALOIDを扱い始めてからもうすぐ4年。
最初の頃は一過性のブームに過ぎないなんて意見も多く耳にすることがありました。
でも、実際は、より多くの方が音楽を気軽に楽しむ事が出来るようになり、今もなおVOCALOIDの世界は広がり続け、盛り上がり続けています。
VOCALOIDが生まれる前から音楽を続けてきた身としましては、本当に音楽を楽しむ事が出来る時代に生きているんだなという気持ちになります。

MEIKOは、私にとっては私自身が歌うために作る楽曲を作曲する時と同じ様に、何も意識せずに、作りたいと思った楽曲を何も違和感なく歌ってくれるシンガーです。
ソフトウェア音源である一方、「言霊」というものを少なからず意識して歌を作っている私にとっては、声で言の葉を歌える存在である以上、そんな風に割り切れるものでもありません。
自分自身を投影できる歌を歌えるシンガーであるといったとらえ方を出来る存在でもあるのです。
それゆえの、感謝の気持ちを込めた生誕祭への参加です。

心身共に疲れ果て、一時は音楽から離れざるを得ない時期も過去にはありました。
でも、続けてきて本当に良かったなと心から思えています。

何があっても、この新しい盛り上がりの中にいるんだと思える事は、私自身を幸せな気持ちにさせてくれますし、もっともっと良い楽曲、聴いて下さった方の心に届く、心に響く楽曲を作りたいというモチベーションになります。

これからも精一杯頑張りますので、皆様どうぞ宜しくお願い致します!
そして、MEIKO姐さんお誕生日おめでとうございます!

テーマ:VOCALOID - ジャンル:音楽

新曲 | コメント:0 | トラックバック:0 |

MEIKOオリジナル新曲『ホワイトアウト』公開です!

MEIKOオリジナル新曲『ホワイトアウト』公開です!
【MEIKO】 ホワイトアウト 【みじぴんP/オリジナル曲・PV】


―夏の幻影と冬の追憶、交錯する季節の狭間に流れ込む想い―


イラストは、ぎんこさんです。
ぎんこさんとは北海道でのVOCALOIDイベント『Hokkaloid Festival』のOP曲『Step into the night』以来の、約二年半ぶりくらいのコラボになります。
可愛くもどこかはかなげなMEIKOさんと、美しい夏冬の北海道を感じさせるような空気感のある作品を書き下ろしていただきました。

サイト「こねこのしっぽ」
http://ginko.cside6.com/

ピアプロ
http://piapro.jp/ginko

作品リスト



動画編集は、雪原金柑さんです。

ブログ「毒と甘露」
http://kanrotokinkan.blog76.fc2.com/

作品リスト


ニコニ・コモンズを使用しています。
nc10887
nc14004
nc1801
nc586

雪原金柑さんにYouTubeへ高画質版をUPしていただきました。
http://www.youtube.com/watch?v=YG1rm4eKscw&feature=player_embedded


制作メンバーが全員北海道にとても縁の深い方々なので、絵も動画も楽曲も、どれも北海道の空気感が出たのではないかなぁと思っております。
特に映像から感じられる夏と冬の色合い、空気感は、まさに「北海道」って感じだと思います。


今回の楽曲は、ジャンルとしては多分ロックに区分される音なのだと思いますが、一昔前の「ネオアコースティック」と言われていたジャンルのサウンドが近いかもしれません。
歌の方は、より生々しい、人間らしい声質のMEIKOさんを目指してエフェクト等々色々と作り込んでみました。
この楽曲を制作していた時は、ちょうどミックス・マスタリングの無料セミナーを受講した直後でしたので、そこで勉強した事を試しながらの制作でした。
少しくっきりした音になったかな?



話は少し変わりまして…。

少し前に2chのMEIKOスレッドを見ていたら(新曲や過去の楽曲等々、いつも紹介してくださって本当に感謝しております。ありがとうございます。)調整のお話とかが出ていて話題に加わりたかったのですが、昨年何か接続業者さんを変更してから書き込めなくなったっぽいのでここで少々…。

MEIKOさんの調声を行う際、私自身も倍音成分というのはとても大事だなと思っております。
私が声質を作り込んで行く時は、先ず初めにシンガー設定でパラメータをあれこれ弄って「この声!」って自分好みのポイントにあたりを付けてから、エフェクトで(おそらくはレコーディングの段階で減った)倍音を補う方向で楽曲に合わせて行きます。

使用するエフェクトは実は楽曲によって内容が変わっているのですが、最も使用頻度が高いのは、YAMAHAのVocalRackです。
これのドライブを調整して、声の「張り」みたいなものを出したり、かけすぎでちょっと耳に痛いなと思うときは引いたりしています。EQやコンプレッサーやディエッサーも内蔵した、文字どりヴォーカル専用のエフェクトなので、とても重宝しています。

MEIKOさんは低音域で少々ノイジーな声になる独特の癖みたいなものがあるので、それが気になる場合は、声を鳴らしながらEQで狭めのQでぐりぐり動かしながらノイジーなポイントを探り、見つけたら細かく調整します。
ディエッサーを強くかけるよりは声がこもりにくい気がします。
ただ、私自身はこのノイジーな低域を結構気に入っていて、本当に耳触りのよくない帯域以外は極力残すように心がけています。
何かこう、生々しさがあるような気がして。

エフェクトは重ね掛けしていて、その他にも色々フリーのVSTエフェクトを試したり、DAW(SONAR8.5 Producer)付属のものを使用しています。声に温かみを加える真空管シミュレーターは結構使用頻度高いです。
発声タイミングや長さ、ダイナミクス等の微調整は、V-Vocalで細かくやってしまうことが多いです。

噂されているAppenndもとても楽しみなのですが、初代VOCALOIDエンジンは、それはそれでとても優れたものだと思います。
パラメータ変更に対する反応やエフェクトの乗りの良さは、制作していてとても楽しいです。
これはとても大事だと思うのですよ。

使うたびに「良い声だなぁ」と思っています。

この声がディスコンになってしまうのはあまりにももったいない気がします。
新しい環境でも使えるようなアップデートは期待してしまいますね…。



そして、気が付けば『ソラノカナタ』でMEIKOを使い始めてから、まもなく丸二年が経とうとしています。

楽しんで下さった皆様、応援して下さった皆様、一緒に作って下さった皆様、本当にありがとうございます。

これからも、聴いて下さった方の心に届く、心に響く楽曲を作る事を目標として精一杯頑張ります!

今後ともどうぞ宜しくお願い致します!


追記
ピアプロさんに『ホワイトアウト』の歌詞・オフボーカル音源・オンコーラス音源をUPしました。
http://piapro.jp/sol2_lifeworks

テーマ:VOCALOID - ジャンル:音楽

新曲 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。