蒼空を見上げる日々

このブログは、MIJIPIN(みじぴんP)の個人ブログです。 主に音楽制作や日記をメインとした内容で書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

新曲公開【MEIKO生誕祭2015】 Mobius Drive

改めましてMEIKOさんお誕生日おめでとうございます!!

そして、久々に新曲動画の公開となりました!
間が空いてしまって本当にごめんなさい><

【MEIKO生誕祭2015】 Mobius Drive 【みじぴんP/オリジナルMV】


絵・動画 ぎんこ
作詞・作曲 みじぴんP

ぎんこさんの公開マイリストです。


様々な事がありました。
自分自身の体調もそうなんだけれど、それ以上に、やはり身近な人が亡くなったことが一番こたえています。
以前にも少し書きましたが、私にとっては親友であり、先輩であり、目標であり、素晴らしい音楽をたくさん教えてくれた恩人でもあります。
人として心から尊敬できる人だったから、なぜ急逝しなければならなかったのだろうと、今も理不尽だなと思い、納得が出来ないままでいます。
それが人生だと思えてしまえば、少し心が軽くなるのかもしれません。

でも、だとしたら人生ってあまりにも理不尽なものだなと思わざるを得ません。

それならば…
人の魂というものがあるとして、時間の流れがよく言われるように円を描きながら進むものなのだとしたら、きっと魂は巡る度に形を変えながら新しいスタートを繰り返すものなのだろうな…と、漠然と思っています。
そんな、メビウスリングの様な時間軸が魂の辿る道なのだとしたら、「並行世界なんてものがあってもいいじゃん」と思いました。

そして、一つの時間軸を行き来するタイムマシンではなく、そんな並行世界も時間軸も自在に駆け巡ることが出来たなら、いつか、今、この瞬間も悲しみを抱えている身近な人、そして世界中全て人の心から、悲しみが少しずつ和らいでいくんじゃないかな…と、そう思ったのが今回の新曲を作ろうと思ったきっかけです。

本当はこんな解説めいたことを書かない方がいいかもなとも思ったのですが、今回は私としてはちょっとだけ抽象的な世界観の歌詞になっているので、書いてみました。
でも、いつも通り、この解釈はあくまでも私自身の思いなので、聴いて下さった方がいらっしゃいましたら、皆様それぞれの解釈があって当然ですし、そうして自由に聴いていただけたら嬉しいです。

冒頭でも書かせていただいた通り、だいぶ今回の新曲公開まで間が空いてしまいましたが、今年はずっとデモ等を作ってはいたので、遅くとも来年にはアルバムを完成させたいと思っています。
爽やかな曲も作っていたのですが、季節的にちょっと間に合わなかったです( ̄▽ ̄;)
改めて、また今後も新曲をもっといいペースで公開していけるように頑張ります!

ではまた!(今回ひっそりと絵も描いてみた)
MEIKO2015mijipinmini.jpg


Mobius Drive


変わり続ける街角
静かな朝を迎えて
新しい望みを幾度繰り返す

巡り逢う瞬間を
重ね記憶に換えて
運命を紡いで時の輪を描く

遠ざかる明日を探している
君が残した記憶辿って

加速する精神が軌道を超えて
平行世界を駆け抜ける力になる

メビウスの生命が響き合い
リンクする奇跡が再び
廻り始める


今を生きる痛みは
一秒先の未来を
知る事も出来ない弱さだけじゃない

遠ざかる過去に手を伸ばし
君の悲しみ一つ奪えたら

加速する精神の熱量が
次元の壁に新しいゲートを開ける

メビウスの生命が響き合い
誰もが自由な幸せを
きっと手にする日が来る


加速する精神の残像が
描いた過去を破り捨て叫んでいる

メビウスの生命が響き合い
何度でも甦る
世界を造るよ
スポンサーサイト

テーマ:VOCALOID - ジャンル:音楽

新曲 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。